御朱印を人に頼むのはあり(代理・代行)?プレゼントはあり?

「あの御朱印、郵送でもいいから頂きたいなぁ」
「御朱印を人に頼みたいんだけど、それってあり?」

そんな風に思ったことはないでしょうか?
この記事では御朱印を人に頼むのはあり?なし?について書きます。

御朱印をお土産、プレゼントにするのは失礼?

「あの御朱印を人に頼んででも頂きたい!」
同じ御朱印好きとして、その気持はわかります・・。
特にアートな御朱印だったり、
その時しか頂けない限定の御朱印などの場合はなおさらですよね。

manner012
そんな時は、御朱印の本来の意味を考えてみましょう。

御朱印の本来の意味は「参拝の証」であり、
「神様や仏さまと縁を結んだ証」でもあります。
つまり、本人が実際に参拝して頂くからこそ価値があるともいえます。

もしあなたが「神様・仏さま」だとして、
会いに来ていない、会ってもいないのに
「会いには行けないけど。会えた証明書だけくれない?」という人がいたらどうでしょうか?

そういう意味では
「参拝証明書」、ご縁を結んだ「契約書」を
代理の人が頂くというのは、ちょっと微妙ですね・・・。

gosyuin01
「御朱印を人に頼もう」「郵送でも良いからお願いしたい」と思ったら、
「御朱印を商品」だと捉えてしまっていないか?
考えてみる良い機会かも知れません。
もちろんプレゼントしても、あまり意味がないものになってしまいます。

karasumorijinja_gosyuin002
人気の御朱印を授与している神社仏閣では
「御朱印は一人一体まで」という注意書きも増えています。

「人に頼まれて」という人もいれば、
何枚も頂いてオークションに出す人がいるからだそうです。
これを問題視した神社仏閣側が、御朱印自体を辞めてしまうケースもあります。

これからも御朱印を楽しむためにも、
少なくとも神社仏閣側が
「困る」「迷惑」と感じてしまうようなことは控えたいですね。

御朱印の郵送をお願いするのは?

manner017
郵送も上記と同様です
参拝せずに郵送で御朱印を頂くのはちょいと微妙です。


ただし!
特別な事情でお参り出来ない方に
通販という形で御朱印を授与する場所、
“特別”に対応してくださるケースもあります。

宝徳寺(群馬)さんのように、
人気の絵入り御朱印と似たテイストのものを
「色紙」として郵送販売してくださる所も。
(御朱印は参拝者限定)

こういった御朱印の形も、今後は増えていくかも知れません。
ただし、現段階ではそれを当たり前とせず、
可能な限り自分でお参りするようにしましょう。

御朱印帳は通販で取り扱っている場所もある

ちなみに「御朱印帳」であれば、通販で扱っている神社仏閣も多くあります。

櫻木神社(千葉県)
仁和寺

まとめ

現時点では御朱印を人に頼んだり、プレゼントは控えるのが無難。