御朱印(御朱印帳)の保管方法は?

御朱印・御朱印帳の保管方法は?

御朱印(御朱印帳)の保管方法は?

yahotenmangu013
御朱印帳の保管に特に決められたルールはありません。

保管する際に大事なのは、
「御朱印は神様・仏さまの分身」ということを理解して、
「御朱印・御朱印帳を大切に保管するという心・姿勢」ですね^^
神様・仏さまを祀るのと同じ気持ちで保管したいところですね。

神棚・仏壇で保管する

御朱印帳の保管で
一般的なのが「神棚・仏壇に保管する」こと。
ただし、神棚や仏壇がない方も多いですし、
御朱印帳が増えてきた場合は大変です。
その際は本棚でも大丈夫です。

お札と一緒に御朱印帳も保管できる「簡易神棚」もあります。

本棚・専用の棚を準備する

ポイントは
・清潔な場所
・神様なので出来る限り自分の頭より高い所に置く

といいとされています。

「本棚もない・・・」という方は、
専用の整理箱・保管箱なども販売されているので、
箱に閉まって大事に保管するのもありですね^^

持ち主が亡くなってしまった場合は?

futaarayamajinja-gosyuin034
江戸時代に大流行した西国三十三所などの巡礼では、
御朱印を集めた御朱印帳を棺桶に入れることで、
死後も守ってもらう(極楽浄土へいける)という信仰もあったそうです。

また、同時に持ち主が亡くなってしまった場合の御朱印帳は、
その方が残した生きた証であり、神さま仏さまと縁を結んだ証でもあります。
形見として、家宝として、
代々、受け継いでいくというのも良いのではないでしょうか。

「御朱印帳」がいらなくなったら・・・??

御朱印は神さま、仏さまの分身。
「いらない」「捨てる」という認識はオススメ出来ません。
いや、捨ててはいけないものですね。

ただし様々な事情もあると思います。
どうしても手放さなければいけない場合は、
神社やお寺によっては「お焚き上げ」を受け付けている場所があります^^
探してみてください。