御朱印の「文字」「印」の”読み方”と”見方”を知る!

御朱印の「文字」「印」の”読み方”と”見方”を知る!

御朱印の見方は?
御朱印には何が書かれているの?

御朱印に押されている「朱印」や、墨書きされる文字。
これらの意味をなんとなく理解できると、
神社仏閣の歴史や由緒、神さま仏さまのこともわかるようになり、
御朱印めぐりがより楽しくなります^^

御朱印には何が書かれているの?【神社編】

asakusajinja-gosyuin023
神社の御朱印は文字を崩さない形(楷書)の文字が多く、墨書きは比較的シンプル。
その反面、自由度も高く「かわいい御朱印」も多いです。
季節限定の御朱印や、月参りの御朱印などもあります。

様々なバリエーションがあり、あくまでも一例になりますが、
神社の御朱印は主に「墨書き」と「押印」の2つで成り立っています。

meijijingu-gosyuin
例)明治神宮の御朱印

①神社の神使・特徴・シンボルなどの印など
明治神宮の場合は皇室ゆかりのある神社ということで、「皇紀二千六百七十九年」の印
シンボルが押される場所は様々。何も押されないケースも多いです。

*皇紀(こうき)・・日本の初代天皇「神武天皇(じんむてんのう)」が即位した年を元年としている年数。

②奉拝
御朱印の右上に「奉拝(ほうはい)」の文字が書かれることが多いです。
「奉拝」とは「つつしんで拝します」という意味です。
「参拝」と書かれることもあります。
③神社の社紋印(中央上)
御朱印の中央上部に「社紋印」・「ご祭神の家紋」が押されるのが一般的です。
社紋・・神社の「家紋」のようなもの。

例)明治神宮の場合は「菊」と「桐」の紋章。
明治神宮のご祭神は、明治天皇・昭憲皇太后なので、
皇室の紋章である「菊」と「桐」の紋章が使われています。

④神社印(中央の押印)
御朱印の真ん中に「神社の名称などが書かれた朱印」が押されるのが一般的。
篆刻(てんこく)という独特の書体で書かれたものが多いですね。
四角い形、丸い形などさまざまあります。
⑤神社orご祭神の名称(中央の文字)
真ん中に「神社名」が墨書きされるのが一般的です。
「神社のご祭神の名称」が書かれるケースもあります。
⑥お参りした日付(左下)
参拝した日付を書いて頂けます。
日付を見ると、その日の出来事、行動などが思い出せます。
旅の思い出にもなります。

社紋(神紋)の意味は?社紋コレクション

社紋(神紋)には意味があります。
代表的な印を覚えておくとご祭神やご利益もなんとなく理解出来るようになります^^

IMG_9627
三つ巴(写真右)・・多くの神社の社紋になっています。
悪いものを避ける勾玉がモチーフとも。
ご利益:厄除け開運など


IMG_9644
稲・・稲荷神社の社紋。
ご利益:豊穣のシンボル。商売繁盛、子宝、金運など


IMG_9654
梅・・天満宮や天神さま
例:◯◯天満宮、◯◯天神
ご利益:合格祈願・仕事力アップ


IMG_9660
葵紋・・徳川家の家紋。
例)◯◯東照宮など。
ご利益:出世、勝ち運、健康長寿


ichihimejinja26
菊紋・・皇室にゆかりの深い神社
例)◯◯神宮など。
ご利益:平和・夫婦和合

神社の押印コレクション

御朱印には何が書かれているの?【お寺編】

takaosan-gosyuin2025
お寺の御朱印は「文字を崩した形の豪快な墨書き」が多いです。

中央の文字はご本尊の仏さま(○○如来、○○菩薩など)、
もしくはご本尊が安置されている建物の名称などが書かれるのが一般的です。

お寺ではご本尊以外に、
復数の御朱印を頂けるケースが多いのも特徴です。

一般的にお寺の御朱印は、
「押印」「山号・札所印」「三宝印(御宝印)」「お寺の印」の3つの印で構成されています。

kiyomizudera-gosyuin
例)清水寺

①「奉拝」の文字(右上の墨書き)
「奉拝」・・「つつしんで拝します」という意味
②山号・札所印(右上の印)など
右上に「山号」や「霊場・札所印」が押されることが多いです。
清水寺の場合は西国三十三所の札所なので、
「西国(三十三所)十六番」の印が押されています。

*札所・・西国三十三所・坂東三十三所などの霊場。
*山号とはお寺の名前の上につく称号のこと。

③参拝の日付
参拝した日付を書いて頂けます。
日付を見ると、その日の出来事、行動などが思い出せます。
旅の思い出にもなります。

④ご本尊orお堂の名前(中央の墨書き)
御朱印の真ん中の文字は、「ご本尊の仏さまの名前」や、
「ご本尊が祀られている本堂の名前」が書かれるのが一般的です。

ご本尊の名前)釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来など。
ご本尊を示す建物名)「大悲殿」「大悲閣」

例えば、清水寺の場合ご本尊が観音様なので、
”観音様を安置する建物”という意味で「大悲閣」と書かれています。

⑤「ご宝印(梵字)」or「三宝印」
真ん中の墨書きの下に
「ご宝印(梵字)」or「三宝印」が押されるのが一般的です。
*「ご宝印」とは
大昔のインドで使われていた神仏を一字で表す文字=梵字が入った印。
清水寺の場合は千手千眼観音(ご本尊)を表す梵字が押されています。
⑥その他の押し印
開創記念などそのお寺にゆかりのある印が押されます。
清水寺の場合は「西国三十三所」の草創1300年を記念した「記念印」
⑦お寺の名前
お寺の名前が墨書きされます。
⑧お寺の押印
寺院名を刻んだ朱印などが押される

梵字コレクション

「梵字」って何?
大昔のインドで使われていた神仏を一字で表す文字=梵字が入った印。
清水寺の場合は千手千眼観音(ご本尊)を表す梵字が押されています。)

↑こんな感じの文字。

amidanyorai01
↑阿弥陀如来の梵字


yakushinyorai203
↑薬師如来の梵字


senjusengan01
↑千手観音の梵字



三千院(京都)の阿弥陀三尊像(国宝)
「勢至菩薩(左)、阿弥陀如来(中央)、観音菩薩(右)」
の3体が安置されてます。

amida-sanzenin02
御朱印にも
「勢至菩薩(左)、阿弥陀如来(中央)、観音菩薩(右)」の3つの梵字が押されています。
実際の並び順通りですね!

amida-sanzenin01
阿弥陀三尊の御朱印


dainichi201
直接、梵字を書いてもらえる御朱印も。
高幡不動尊の「大日如来」梵字


fudo-
成田山深川不動堂の「不動明王」の御朱印。

fudo
「不動明王」梵字

三宝印コレクション

「三宝印(さんぼういん)」とは?
1.「仏」
2.仏の教えである 「法」
3.その教えを広める「僧」
4.上記3つを総称して「三宝」といいます。

この「仏」「法」「僧」「宝」の4文字
篆書(てんしょ)、隷書(れいしょ)といった漢字の書体で刻まれています。
形は「丸」や「四角」などがあります。

sanbouin010
「四角」のケース1
この「佛法僧寶」は比較的わかりやすいですね。


sanbouin009
「四角」のケース2
読めなくはない・・・


sanbouin008
「四角」のケース3
常人には何がなんだかわからないレベル・・・


sanbouin002
「丸角」のケース3

まとめ

御朱印に何が書かれているか、
どんな「印」が押されているかがわかるようになると、
御朱印を頂く楽しみが倍増します^^