お寺での基本の参拝方法|参道の歩き方や、手の洗い方は?

お寺での基本の参拝方法|参拝方法や手の洗い方は?

御朱印を頂くにはまず参拝から。
その際、神様、仏さまに失礼のないように参拝したいですね^^

「御朱印を頂く前に失礼のないようにお参りしたい」
「どんな作法でお参りをしたらいいの?」
そんな疑問をお持ちの方に
神社に参拝する際の基本マナーをお伝えします。

お寺での基本の参拝方法

manner020
お寺の参拝方法にも様々な考え方があり
「この参拝方法が正しい」というルールは人それぞれです。
宗派や地域によって違う所もあります。

なので、お寺を参拝する際にいちばん大事なのは
そこにいらっしゃる「仏様を敬う気持ち・心構え」かも知れません。
その心構えを忘れなければ、きっと受け止めて頂けるはず?です。

ここでは「これさえ抑えておけば安心」
という基本となるお参りの仕方をお伝えします。

山門の前で一礼をしてくぐる

chionin-sanmon013
お寺の玄関にあたる山門で合掌して一礼。
敷居がある場合は踏まずにまたぐ。

帽子をかぶっているなら、帽子を脱ぎましょう。

「手水舎」で手と口を清める|手の洗い方は?

isejingu-geku009
手水舎(ちょうずや/てみずしゃ)で身を清めます。
昔はお寺(神社)の近くにある川や海などで身を清めてから、神様・仏さまに会いに行く風習がありました。
それをシンプルにしたのが手水です。

manner005

■手水の使い方
1.右手で柄杓(ひしゃく)に水を汲む
2.左手を洗う
3.持ち替えて右手を洗う
4.左手に水を受けて、口をすすぐ
5.再度左手を洗う
6.柄杓を立てて柄を洗う

manner003

注意
口をすすぐ際には、柄杓に直接口をつけないようにしましょう。

ろうそく・お線香がある場合は納めます。

anaoji-insta008
ろうそく・お線香がある場合はお供えします。

senso-ji-keidai001
お線香をたいている常香炉(じょうこうろ)がある場合は、その煙で心身を清める
(ない場合もあります)

鰐口(わにぐち)を鳴らす。

anaoji-insta004
お堂の正面に吊り下げられている「鰐口(わにぐち)」
がある場合は、鳴らしてお賽銭をおさめます。

senso-ji-syaden020
お寺の仏前で音をたてるのは失礼という考え方も。
お賽銭を投げずに、賽銭箱に近づけて入れるとより丁寧とされています。

静かに手を合わせて合掌。

chionin028
静かに手を合わせて合掌します。

manner006
お寺では神社と違い手は叩きません。

manner007
お堂にはそこに安置されている仏さまの御真言が書かれた看板が置いてあることが多いので、
御真言を唱えたり、般若心経などを読経するのもオススメです。

納経所・寺務所で御朱印を頂く

manner012
御朱印は必ず参拝を済ませてから。

senso-ji-gosyuin025
お寺の場合は納経所、寺務所で頂くケースが多いですね。
拝観料を納めるお寺では、拝観受付になることも。
「納経所」という看板が出ているケースが多いので探しましょう。

詳細は↓
御朱印の頂き方は?頂くための5ステップ

まとめ

お寺の参拝マナーはこちら↓

神社での基本の参拝方法|参道の歩き方や、手の洗い方は?

2019.02.13