御朱印めぐりに役立つオススメ関連グッズ10選!

御朱印めぐりに役立つオススメ関連グッズ10選!

御朱印関連グッズ

 

悩み オススメグッズ
かわいい・かっこいい御朱印帳を探している 御朱印帳
書き置きの御朱印を保存したい 書き置き御朱印保管ファイル
御朱印帳の汚れ・擦れ防止 御朱印帳カバー
御朱印帳ケース
御朱印帳袋
御朱印帳の表題をつけたい 表題ラベル
御朱印帳が勝手に開くのを防止 御朱印帳バンド
御朱印帳を素早く開きたい しおり
授与所で小銭を素早く出したい がま口財布
おみくじを保管したい おみくじ帳

御朱印帳

ネット通販で購入できるカワイイ御朱印帳
ネット通販で購入できるカッコイイ御朱印帳
ネット通販の御朱印帳は全国どこにいても購入できますし、選べる数も膨大。お気に入りの御朱印帳が1冊は見つかるはずです。

↑目次に戻る

書き置き御朱印保管ファイル

昨今は、「書き置きの御朱印のみ」という寺社も急激に増えましたね。直書きだろうが、書き置きだろうが御朱印を頂けるだけでも嬉しいのですが・・・どうしても困っちゃうのが書き置き御朱印の保管です。

だいこくん
糊で御朱印帳に貼る作業は大変だし、かといってペラペラのクリアファイルに保管するのも気が引ける・・
うさぎ
最近は書き置き御朱印専用の保存アイテムがどんどん出てきたよ!キレイに保管出来るのでオススメ!
御朱印専用のファイルであれば、大抵の御朱印は、はみ出すことなく保管できます。また、失敗しても何度でも貼り直せるので安心です。

片面用のもの、見開き用のもの(2ページ分)とあるので、購入前にサイズをチェックしておきましょう。

うさぎ
デザインもカワイイのから、カッコいいのまで色々ある

書き置き御朱印帳差し込み式タイプもあります。「はんなり着物御朱印帳」や「コモンプラス」などカワイイ御朱印帳を出している谷口松雄堂の「書き置きご朱印帳」。

中身は一般的な御朱印帳同様、ジャバラ式になっています。帳面の切り込みが入っている部分に書き置き御朱印を差し込むだけ

見開きの書き置き御朱印も保管可能です。ただし御朱印の中央に折り目が入ってしまいます。

↑目次に戻る

表題ラベル

最初から御朱印帳と書かれている
ラベルだけ貼ってある御朱印帳
ラベルを自分で貼る御朱印帳
寺社オリジナルの御朱印帳の場合、最初から「御朱印帳」と書かれていたり、印刷されているものが大多数ですが、たまに白紙のラベルだけの御朱印帳もあります。表題ラベルが白紙の状態の場合は、自分で書くか、人に頼む必要がありますね。ただし、字が苦手な人(管理人です)にとっては、絶対に書きたくない案件な訳です。

御朱印帳の表題が白紙の場合で、自分では書きたくない場合に役立つのが表題ラベルです。

↑目次に戻る

御朱印帳バンド

御朱印帳バンド
御朱印帳を持ち歩いていると、ジャバラ式の御朱印帳が不意に開いたり、バラバラと開いて落としてしまった・・・御朱印巡りをすると、そんな経験を一度や二度はすることになります。それを防ぐためにあるのが『御朱印帳バンド』です。カワイイデザインのものも多く、御朱印帳に彩りを加えてくれます。

↑目次に戻る

しおり

御朱印帳のしおりがあると便利
書いて頂くページをすぐに開ける
御朱印を頂く際は、”カバーを外して御朱印を書いて頂きたいページを開いて渡す”のが一般的なマナー。ただし、御朱印を何体か頂いていると、空白のページを探すのが大変です。
そんな時に必要になるのが「御朱印帳のしおり」。

しおりがあると、授与所で受付の人や、後ろに並んでいる人を待たせずにササッと開けます。管理人が使用しているのは伝統工芸「伊賀くみひも」でつくられた組紐がついた金属製のしおり。ちょっとしたこだわりですが、御朱印帳を持ち歩くのが更に楽しくなります。

御朱印マナーガイド

【御朱印マナー】絶対に守りたい3つのポイント&頂く際のルール

↑目次に戻る

御朱印帳の汚れ・擦れ防止

御朱印帳ケース

透明の御朱印帳ケース。持ち運びの際はもちろん、御朱印帳を保管する際のホコリよけとしても使えます。

↑目次に戻る

御朱印帳カバー


御朱印帳を持ち歩いていると

・雨で濡れてしまう
・バッグの中で御朱印帳が開いてしまう
・表紙の角などが剥がれたりスレたりする

こんなリスクは常にあります。
雨に濡れるとせっかく頂いた御朱印が滲んでしまったりします。管理人も過去何度か突然の雨に遭遇し、やらかしてます(猛省)。そこで必要になるのが御朱印帳カバー。

御朱印帳カバーは、ネット通販で購入する御朱印帳にはほぼ付いていないので、別途購入しておくと安心です。また、ページに挟んで“しおり”代わりにするのも便利。しおりがあると授与所でもたつきません。

↑目次に戻る

御朱印帳袋

御朱印帳の擦れ・汚れを防止するために御朱印帳カバーがあるのですが、上部と下部はさらけ出した状態。そこから汚れる可能性もゼロではありません。


そこで更に御朱印帳ポーチや、巾着袋。御朱印帳全体を包むことで、突然の雨などでもひと安心です。御朱印帳ポーチ・巾着袋には御朱印帳と合わせられる柄も販売されているので探してみてください。


hikaku1
管理人が愛用している「ペンギン御朱印帳袋(御朱印帳ポーチ)」。一般・大判一般的サイズの御朱印帳が二冊入ります。

gosyuincho-poach022
gosyuincho-poach005
別売りのストラップをつければショルダーポーチにもなります。

ブルーとイエローがあり、どちらもカワイイですねぇ。

↑目次に戻る

参拝関連グッズ

がま口財布

gamaguchi005
gamaguchi002
御朱印を頂く際は、“お釣りが出ないように準備しておく”のがマナーとされています。御朱印は「お金を支払って購入する商品」とは意味合いが違うからです。

うさぎ
オススメなのは普段から「小銭入れ」を準備して、小銭をためておくこと。神社仏閣を訪れる時は、御朱印に限らずお賽銭、おみじくなどにも大活躍するよ。

↑目次に戻る

おみくじ帳

おみくじ帳神社やお寺に行くなら、欠かせないのが「おみくじ」。おみくじを引いたら境内に結んでくるケースが多いと思いますが、「おみくじ帳」はおみくじを保管するための帳面。


おみくじを持ち帰って、神仏からのメッセージを日々の生活に活かすというコンセプトです。確かに結んじゃったらおみくじのメッセージなんて忘れちゃいますもんねぇ。御朱印巡りを更に愉しむためにオススメです。

↑目次に戻る

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA