御朱印とは?御朱印の歴史・ルーツ・もらう意味を知ろう!

御朱印とは?

今、大人気の「御朱印(ごしゅいん)」
マスコミでも頻繁に取り上げられ、
神社やお寺を訪れる人の多くが「御朱印」を頂いていますね^^

この記事では

「そもそも御朱印って何?」
「御朱印の歴史や由来は?」
「御朱印を集める理由、もらう意味はなんだろう?」
といった御朱印を頂く際の基礎知識をお伝えします。

御朱印の由来や、意味を知れば「御朱印のマナー」の理由もわかります。
また、御朱印を頂いたときのありがたさも倍増しますよ^^

御朱印とは何?簡単に説明!

chinjuhikawa-gosyuin010
御朱印(ごしゅいん)とは、
一言でいうと、神社やお寺を参拝すると頂ける「参拝証明」のようなものです。

御朱印には参拝した日付、神社仏閣の名称
お寺でまつられている仏さまの名称などが墨書きされています。

saimyouji-gosyuin028
御朱印(納経印)は最近では
カラフルな御朱印や、季節限定の御朱印など
見ているだけで楽しくなるような御朱印
が増えています。

御朱印の由来と歴史は?

御朱印の歴史、由来、ルーツ、頂く意味を知っておくと
御朱印巡りがより楽しくなります!

【奈良~平安時代】西国三十三所が御朱印の土台を作る

okadera021
御朱印の由来には諸説がありますが、
平安時代に再興された”日本で一番古い巡礼”
西国三十三所巡りが御朱印めぐりの原点とされています。

西国三十三所とは?
関西に点在する観音さまをまつる33のお寺の総称。
決められた三十三のお寺を巡り、ご宝印(今の御朱印)を頂けば願いが叶う、
ご宝印が揃った御朱印帳をもっていると極楽往生出来るとも信じられていました。

engyouji019
当時の御朱印は
お経を書き写す(写経)修行」を行い、
「お経をお寺に納めた証明として「朱印」を頂くものでした。

saikoku33gosyuincho014
「”お経”を”納めて”、朱印を頂く=納経」という事から、
お寺では今でも御朱印を「納経印」、または「納経帳」(御朱印帳)ともいいます。

sasukeinai
当時は今のような「墨書き」の文字はなく、
仏さまを表す「朱印(ご宝印)」のみだったとか。
この朱印(ご宝印)自体が神さま仏さまの分身とされていました。

【江戸時代~明治】今の御朱印の始まり!江戸庶民に巡礼が大ブームに

ichijoji-insta026
江戸時代になり治安も安定すると、
庶民でも比較的自由に旅ができるようになります。
すると、西国三十三所などの巡礼ついでの旅行も大ブームに。

engyouji-gosyuin029
前述したように御朱印はもともとは「朱印」のみで、
この「朱印」自体が仏さまの分身とされていましたが、
参拝者から「朱印だけだとわかりにくい」という声が出るように。

西国三十三所のお寺の方に聞いた話によると、
最初は「仏さまの分身の上に文字を書くなんて・・」
という抵抗もあったんだとか。

しかし、徐々に浸透していって
「ご宝印」の上に仏さまの名前、「奉拝」という言葉や、寺名、日付などが加わるようになります。

saimyouji-gosyuin021
明治時代になると「御朱印帳」や「御朱印軸」が登場。
徐々に納経をしなくても「参拝した証」として御朱印が授与されるようになります。
今のような形式の御朱印が普及していったとされています。

ちなみに今でも一部のお寺では
「納経しないと御朱印をいただけない」場所もあります。

「スピリチュアル」「パワースポット」「御朱印ガール」が登場!

engyouji-insta032
戦後になると西国三十三所や四国のお遍路さんなどが中高年の間で定着。

そして現代では「スピリチュアル」「パワースポット」
という言葉が浸透し、神社やお寺が若い世代にも身近になります。

shouanin-gosyuin038
若い世代が神社仏閣を訪れるようになった結果、
神社仏閣側も若い世代に合わせた御朱印や御朱印帳を授与するようになります。
そして自然に「御朱印」もブームに。
今では「御朱印ガール」なんて言葉も誕生しました^^

御朱印をもらう意味は?

mikamofudo-gosyuin002
御朱印をもらうことにどんな意味があるのか?
それは、「参拝の証」であり、
「仏様や神さまとご縁を結んだ証明」です。
「お札やお守りと同じ意味」という人もいます。

お寺によっては
「御真言(お参りをするときに唱える言葉)」を唱えながら
御朱印を書いてくださる所もありますし、
祈祷をした上で御朱印・御朱印帳を授与している神社もあります。

だからこそ、「ありがたい朱印」という
意味で「御朱印」という言葉が使われています。

senso-ji-gosyuin10031
なので、「御朱印を集めることだけが目的」になってしまうと
スタンプラリーのようになってしまい、本来の意味からはズレてしまいます。

もちろん”意味”は時代によっても変わりますし、
“何が正しいか”も変わっていきますが、
御朱印をありがたく頂くという感謝の気持ち、
神さま仏さまへを尊ぶ気持ちを大事にして
御朱印を頂きたいですね。

御朱印をいただく際のマナーについては別記事に書きましたのでご覧ください。

御朱印をもらう目的は?ご利益はあるの?

okadera021
前述した御朱印めぐりの原点である「西国三十三所巡礼」では、
決められた三十三のお寺を巡り御宝印(今の御朱印)を頂きながら
すべて巡れば願いが叶うとされていました。
また、その御宝印が揃った御朱印帳をもっていると極楽往生が出来るとも。

jochiji-gosyuin013
現在では、御朱印をいただく目的は人それぞれです。

・純粋に楽しむために
・旅の記念・思い出になるから
・神仏とご縁を結んで夢を叶えるために
・運気アップしたい・ご利益を頂きたいから
・御朱印帳を見返すのが楽しいから
・一生を守ってもらうため
・棺桶に入れて死後も守ってもらうため
・自己満足として

などなど。

jochiji-gosyuin008
目的が何であれ、その人の人生が豊かになっているなら
「それ自体がご利益を頂いている」ともいえますし、素晴らしいことですね。

御朱印を頂いていると、自然とお寺や神社のことに詳しくなります。
お寺・神社のことを知ることで
御朱印を頂く意味や目的も少しずつ変わっていくと思います。

まずは肩肘張らずに楽しんでみることをおすすめします。

もちろん、神社仏閣や周囲の人に迷惑をかけない為にも
最低限のマナーを知り、それを守る努力はしましょう。